スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポチッと投票ありがとうございます(*´∀`)σ → ブログランキングに投票

原因を知り、苦しみ・悩みをなくす

どうも、幸せ天使です。
先日の入籍の報告ではこのブログやおなすさんのところ
でもお祝いのお言葉をたくさんいただき、ありがとうござい
ました。実際に対面して言っていただくのと同じぐらい嬉しく、
幸せな気分になれました(^o^)

私の愛する幸せ天女さんにもブログでのことを伝えたと
ころ、大変喜んでおりました。

さて、今日は以前に「小林正観さんの不思議」というタイトル
で書いた際に買ったということだけは書いたのですが、内容
には触れていなかった小林正観さんの「釈迦の教えは感謝だ
った」で得た気づきについて書きたいと思います。

この本では、小林正観さんが般若心経をわかりやすく解説
し、お釈迦さまが伝えたかったことについて書かれています。

その中でお釈迦さまが人生における「苦しみ」は、自分の
意志では変えられない「宿命」である4つと、自分の意志で
変えられる「運命」である4つの合計8つの「苦」に規定され
ていると書かれています。

まず、自分の意志では変えられない「宿命」としての4つの
「苦」は、以下のものです。

生・・・生きる苦しみ
老・・・老いる苦しみ
病・・・病みの苦しみ
死・・・死ぬ苦しみ

これらは自らに生まれもって宿った「苦」であるため、変える
ことはできません。

そして次の4つが自分の意志で変えられる「運命」である4つ
の苦しみです。

愛別離苦(あいべつりく)・・・愛している人とわかれなければ
                 いけない苦しみ

怨憎会苦(おんぞうえく)・・・怨んで憎んでいる人と会わなけ
                 ればいけない苦しみ

求不得苦(ぐふとくく)・・・・・求めるものが得られない苦しみ

五蘊盛苦(ごうんじょうく)・・あることに対する自分の想いや
                 認識が強すぎる(執着が強すぎる)
                 ことによる苦しみ

上記の4+4=8の苦しみを合わせて、「四苦八苦」と言い
ます。愛別離苦などの難しい言葉は聞いたことが無くても、
この言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

お釈迦さまは以上のように、「苦」を8つに来てした上で、
「苦」の本質・原因は何なのかということも見抜いておら
れます。その「苦」の本質を書いた部分を引用します。

「苦」の本質は、
「自分の思いどおりにしたいのに、それが叶わないこと」


そう、誰かに嫌なことを言われたり、されたりしたという外的
要因で苦しんだり悩んだりするのではなく、それが自分の
思い通りではないから、苦しんだり悩んだりしているのです。

この「苦」の本質を知り、理解すれば苦しみや悩みをなくす
ことができます。では、自分の思いどおりにならないことに
対して悩んだり苦しまないようにするには、どうすればよい
のでしょうか。

まず、人一倍努力をして力をつけ、無理にでも自分の「思い
どおり」にするという方法があります。とにかく自分の思い
どおりにするためには相手をおとしいれてもよいという考え
です。しかし、この方法では競争して勝ち残れない人は惨め
な思いをし、勝ち残った人も精神や身体に大きな傷を負います。

この方法、考えを持っている人で、特に何に対しても強い
「思い」を持っていれば、思いどおりにならないことがストレ
スとなり、いつもイライラしてしまいます。また、相手が思い
どおりにならないことに対して、自分が不当に扱われていると
感じ、さらにイライラがつのります。

上記の方法に対して、もう一つの方法が、「思い」そのもの
を持たないことであり、釈迦はこちらを説いていると小林正観
さんは書かれています。「思い」自体がなければ、思いどおり
にならないからといって、悩んだり苦しんだりすることはあり
ません。

最近、親が自分の子供を思いどおりにしようとして無理矢理
に体罰を与えながら勉強をさせて、子供が家に放火してしま
ったという事件がありました。また、大学を留年して働かない
我が子を思いどおりにしようとして兄弟と比較するようなこと
を言って、我が子に殺されてしまった母親の事件もありまし
た。

例え自分から産まれた我が子であっても、自分の思いどおり
にできると思うのは大間違いだと思います。子供のためを
思って・・などと言ってごまかしている親も多いと思います。
自分も親からそうされたという場合や、自分の劣等感(コンプ
レックス)を子供ではらそうとしている場合も多いでしょう。

では、どうすればよいのかというと、小林正観さんは次の
ようにまとめられています。

自分の思いどおりにするのではなくて、受け入れてあげる
こと、受け入れることなのです。


自分勝手な「思い」を捨てて、ただあるがままに受け入れる
こと。そして良いことが起きた時には素直に「ありがとう」
ということが釈迦の教えであり、人としての幸せにつながる
ということですね。


釈迦の教えは「感謝」だった
釈迦の教えは「感謝」だった小林 正観

風雲舎 2006-05
売り上げランキング : 214

おすすめ平均 star
star五戒をせず、「うたし」で暮らす。でも明るい頑張りも良いものです。
star気楽になる
star2500年前もヒトの悩みは同じ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


ポチッと投票ありがとうございます(*´∀`)σ → ブログランキングに投票

COMMENT

こんにちは!

「幸せ天女さん」かわいいですね。
お幸せにv-238

この本は、読みたい本の一つです。
わかりやすくまとめてくださっているので、読まなくてもいいかも?
いえいえ、ますます読みたくなりました。
読みたい本がいっぱいで、大変です(汗)
育児&仕事の合間をみつけて、是非読んでみますv-91

なおママさんへ

こんばんは、幸せ天使です☆
いつもありがとうございます。

私はこの本が正観さんの本の中で1、2を争うぐらい好きです(^o^)

今回書いた内容は前半部分の一部ですので、まだまだ良いことが
いっぱい書いてありますよ~♪

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

http://kouhukujinsei.blog45.fc2.com/tb.php/65-5baeb00a

side menu

プロフィール

幸せ天使

Author:幸せ天使
日に日に幸福になり、
日に日に健康になり、
日に日に裕福になる。
人は皆、幸せになるために
産まれてきた天の使い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。