スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポチッと投票ありがとうございます(*´∀`)σ → ブログランキングに投票

「気」を生み出す方法

どうも、幸せ天使です。
台風がまたやってきていますねぇ。
かなり強い勢力ということで、注意が
必要ですね。

さて、今日は前回に書いた無能唱元さん
の「盛運の気」で、もう一つ特に印象に残る
部分がありましたので、紹介したいと思い
ます。この本はかなりボリュームがあって、
ようやく読み終えたのですが、他にもたくさん
ためになって役に立つことが書いてありまし
た。まあ、お値段がすごいので、気になる
方は図書館で借りることをお勧めします(^^;)

まず、「気」とは何かということを、説明した
部分を引用したいと思います。

「気」とはこの世の中に物をつくりだす力で
あり、現象をつくるもとの力であります。そ
してその力をより多く保有している人が、
より多くの成功をおさめる。たとえば、大金
持ちになったり、事業を発展させたりという
ことができるのは当然のことです。一流の
人物というのは、この「気」を内臓する力が
非常に強い人物のことです。


「気」とは身体の中に宿る、エネルギーの
ことなんですね。そのエネルギーとしての
「気」は、意図的に発生することができる
と書かれています。

では、エネルギーを発生させるとは、どう
いうことかといいますと、一旦この本を
離れて物理学的なエネルギーについて
調べてみますと、熱、音、光など、多くの
エネルギーは振動現象である。とありま
した。エネルギーを発生させるには、振動
させればよいのです。

では、人の身体に宿る「気」というエネル
ギーを発生させるには、どのようにすれば
いいのかということを書いてある部分を、
ちょっと長いですがこの本から引用いたし
ますと、

我々の意識というのは、内側にむいていく
場合と外側にむいていく場合と二通りある
ということです。内側にむいていく場合と、
外側にむいていく場合というこの二通りを、
私は二辺と呼んでいます。

そして、意識が外にいったり内にいったり
することを繰り返し、やればやるほど、そ
こに「気」が発生するのです。

自らの意思で今ちょっと外にいきすぎた
から、内に入ろう、内に入りすぎたから、
外に出ようって具合に、意識のあり方を
コントロールしているときに「気」が発生
してくる。


つまり、意識を外側と内側へ交互に向けて
振動させることで、エネルギーとしての「気」
を発生させているんですね。この振動させる
ことを、無能唱元さんは、二辺往来させると
言われています。

さて、自らの意思で意識を外側と内側に振動
させると、「気」が発生して、どんなことでも上
手くいくということですが、この外側へ向かう
意識と、内側に向かう意識とは、どのような
ものでしょうか?

まず、外側へ向かう意識とは、「成功したい」、
「もっと綺麗になりたい」、「りっぱな人物になり
たい、思われたい」など、自己重要感の充足を
求める意識です。

逆に内側へ向かう意識とは、「自分の生きがい
ってなんだろう?」「神様ってなんだろう?」と
いったもので、はっきりとしない、目に見えない
ものです。

どちらも全ての動物が持つ、「本能」とは違って、
人間だけがもつものです。

ところで「うつ病」というものがありますが、
これなんかはまさに「気」が枯れた状態です。
無能唱元さんは、「気枯れ(けがれ)」の状態と
いわれています。

「成功したい」「真面目な人と思われたい」と思
って、意識が外側にばかりいっている人、逆に
「私には欲なんてない」、「どうせ私はダメだから」
と言って、意識が内側にばかり行っている人と
いうのは、「気」がどんどん消費されるばかりで
発生しないため、やがて「気枯れ」になってうつ
状態になってしまうのでしょう。

そうならない為にも、自分が今、どちら側へ
意識がいっているのかをじっくり観察し、感じ
て、その逆の方へ意識をもっていけば良いの
です。

成功するため、家族を養うために働きすぎの
方は、遊んだり、趣味に没頭したり、瞑想した
りして、意識を内側に向かわせる時間を作ると、
「気」が溢れてきてさらに仕事が上手くいくよう
になります。

自分に自信が無くて、無力感を感じている人は、
自分ができる、人の役に立って自分の自己重要
感を高めるようなことを見つけて(必ずあるはずで
す)、どんどん行動してみると「気」が溢れて元気
になります。

悟っている人、絶対的に幸せな人というのは、決
して心が常に無であったり、プラスマイナスゼロ
になった状態を維持している人ではなく、意識を
内側と外側へ振動させながら、トータルでプラス
マイナスゼロの状態、陰陽のバランスのとれた
状態でいる人のことをいうんですね。

以前、おなすさんが釈迦は悟った後でも、すごく
感情を出していた。と書かれていたのを読んで、
意外と思ってびっくりしたのですが、この本を読
んだ後は、逆になるほどと思いました。一旦感情
を出した後に、きっとすぐに逆の方へ意識をもって
いったのでしょう。

あと余談ですが、前回の記事のコメントでらるごさん
が中村天風さんのことを書かれたり、ヤッズ★さん
への返信で私も中村天風さんのことを書いたりして
いると、この本を読み進んでいるうちに、中村天風
さんがカリアッパ師匠の元で修行をしている話が出
てきました。皆様のおかげで、またまた今日もシン
クロです(^o^)


盛運の気
盛運の気無能 唱元

日本経営合理化協会出版局 1994-01
売り上げランキング : 111939


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


ポチッと投票ありがとうございます(*´∀`)σ → ブログランキングに投票

COMMENT

ど~も ヤッズ★です!

「ヤジロベイは両方の錘が重い程、シャンと立つ。これと同様に、両極があってこそ中道である。」という言葉を聞いたことがあります。

ヤッズ★は、この言葉の意味を、右か左か、善か悪か、正か邪かのように、現実世界に現れた部分だけに限定して考えていましたが、心の内外についても言えるんだと、今回の記事で気づきがありました。

また、心の内外に意識を行ったり来たりさせることで、「気」が発生させることが出来るなんて知らなかったです。まさに、目から鱗の情報です。

確かに、気功法では簡単に「気」を発生させたい場合、両手を擦り合わせたりしますね。

「擦動」こそ、エネルギー活性化の奥義なのでしょう(笑)。

早速、1つ何かワークを考えやってみたくなりました。その本には何かワークが載ってませんでしたか?

今回も貴重な気づきと情報を、感謝いたします!

ヤッズ★さんへ

どうも~、幸せ天使です。
いつもありがとうございます。

>心の内外に意識を行ったり来たりさせることで、「気」が発生させることが出来るなんて
>知らなかったです。まさに、目から鱗の情報です。

そうですよね~、この考え方は、初めてだけど、非常に納得
の行く考え方でした。

この本は、ワークらしいものがほとんど載っていませんでした。
少し載っている部分といたしましては、ある経営者が利益(得)
を得るために、意識が外側に行き過ぎた時に、仕事のことを
忘れるためにマッチ棒を使って法隆寺の模型を作るというもの
がありました。

絶対に儲ける!成功する!実現する!と強く願い、その方法を
考えた後に、それを忘れられる何かに没頭するということを
繰り返すというのはよさそうですね。

何か良いワークを思いつかれたら、教えて下さいね(^o^)

天風さんの本、来ました!

幸せ天使さん、こんにちは♪

記事の中でご紹介いただきまして、有難うございます!
ちょうど、図書館から天風さんの本が届いたとの連絡をもらったところなんです

このところ、私も嬉しいシンクロが続いていて、とっても有難く思っています

今回のお話と、ヤッズ★さんのヤジロベエのお話、とっても納得!です
このところ、実生活でもバランスが大事だと実感する場面が多かったのでなおさらです

それにしても、幸せ天使さんはいつも良い本をご存知ですよね
良い本を見つける秘訣、ぜひぜひ教えてくださいませm(__)m

らるごさんへ

どうも~、幸せ天使です。
いつもありがとうございます。

あっ天風さんの本が届きましたか。シンクロですねぇ。

何でもバランスって大事ですよね。良い本の見つけ方ですか~。
アマゾンの評価を見たり、推薦文で納得できる文章を書く人の
リストをチェックしたりですかね。
あとは高い本とかですかね、その場合は図書館です(笑)

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

http://kouhukujinsei.blog45.fc2.com/tb.php/83-e02bf7a9

TRACKBACK

成功の秘訣!第二三話 成功者に接対しても、喜びを与えよ

成功者と相対した時、あなたは多弁であってはならない。あなたは、相手から成功の零囲...

  • 成功の秘訣!ツキを呼び込む100の法則
  •  2006/11/26 01:47
  •  page top

side menu

プロフィール

幸せ天使

Author:幸せ天使
日に日に幸福になり、
日に日に健康になり、
日に日に裕福になる。
人は皆、幸せになるために
産まれてきた天の使い

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

04 * 2017/05 * 06

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。